彼女を作れたテレクラより簡単な方法

テレクラ新宿

テレクラ新宿

テレクラ新宿について書いていきます。

日本で一番はじめにテレクラ新宿が出来たのは1985年、新宿歌舞伎町にアトリエキーホールというお店が出来たのが最初です。

この頃のテレクラ新宿というと、ほとんどの店でサクラを使っており、まともな女性がテレクラに電話を掛けて来ることはまずありませんでした。

しかし、翌年の86年にNTTの伝言ダイヤルサービスが始まり、一気に電話がナンパメディアへと墜ちていったのです。

そして、注目されていったのがテレフォンクラブです。

テレクラ新宿にも次第に普通の女の子達が電話を掛けて来るようになり、サクラを使わずに店の経営が成り立つようになったのである。

だが、新規テレクラ新宿店にはまだまだサクラも多く、やはり、はじめてテレクラ新宿店に行くなら老舗のお店をお奨めします。

現在のテレクラ新宿は、おおまかに分けて3種類に分類される。
一番多いのが「早取り」と言う方式の店です。

この方式は電話のフックボタンやパネルボタンを、電話が鳴り次第連打して一番早く反応した者が電話に出ることが出来るという物です。

ということは、反応の早い人や若い人には得なシステムだといえます。
しかし、店によっては(ほとんどの店かも?)部屋毎に電話のとれる頻度が違うところがあります。(1つの回線を何個かの電話で共有しているため)

こうなると反応が早い人でも回線優先度の低い電話だと全然話にならないのです。

だから、この方式は一種の運とあきらめが必要です。

もし、最低の部屋に入ったなら、今日はもうだめだと早めにあきらめて、誰かが保留してくれたおこぼれ狙いに徹するしかないのです。

逆に、最高の部屋だとジャンジャン電話が取れるので即アポ、即ハメが出来る、外から掛けてくる女性子いで、その他の電話は、なるべく最低の人の為に保留してあげましょう!

まあ、どうしても良い部屋に入りたいのなら、その店に通い詰めて、すべての部屋をチェックして最高の部屋を見極めたうえ、店の人と友達になり、その部屋に入れてもらいます。

次に多いのが「取り次ぎ」という方式です。

この方式は文字通りテレクラ店が各個室の客に電話を取り次いでくれます。

掛ける側(女性)と受ける側(男性)のニーズをテレクラ店はある程度、前もって聞いてくれるので(例えば年齢とか)、そこそこ女の子とは話が進むし、店が電話を管理しているので、いたずら電話が早取りと比べて極端に少ないです。

取り次ぎという方式は、なぜか関西よりも関東の方が多いように思います。

やはり、関東の方がシステム的に進んでいるのかもしれないし、客のニーズをちゃんと取り入れている店が多いのです。

関西の店も、昔からの方式に固執せず、客のニーズにあわせたシステムをどんどん導入して欲しいですね。

取り次ぎ方式の良いところばかりを述べたが、欠点もあります。

店は客を確保するために若干のサクラを使っているのです。

これは、現在どれくらいの電話が掛かっているのか客にはわからないため(着信数がわかると電話が取れなくても安心するもの)、店は早めに客へ電話を取り次いでやらなければならないからです。

あと、心情的な問題で、店の定員は常連の客に上質な電話を取り次いで、いちげん風な客にはサクラを取り次いでしまう可能性があります。

この方式も、とことん通い詰めて常連になり、店の店員と親しくなるのが得策といえます。

最後に、「電話転送」方式を説明します。

テレクラに行くのは面倒くさい人や、テレクラに行きたくても、遠くて行けない人などの為に、テレクラ店が客の指定した電話先にサービスを転送してくれます。

このサービスはツーショットダイヤルとほとんど同じで、まずテレクラ店に銀行振込など料金を支払って店が支払いを確認してから始まります。

数年前まで、このサービスを実施していたテレクラ店は結構多かったが伝言、ツーショットダイヤルが登場してからはだんだんと衰退していき、現在、実施している店は少ないです。

テレクラ新宿もお勧めのお店はリンリンハウスです。

テレクラ新宿のお店を紹介しておきます。

リンリンハウス えび通り店
東京都新宿区歌舞伎町1-24-3 浜野産業ビルB1F

リンリンハウス ニューコマ前店
東京都新宿区歌舞伎町1-23-10 シャトレビルB1F

リンリンハウス 新宿本店
東京都新宿区歌舞伎町1-24-3 浜野産業ビル1・2F


テレクラよりもっと簡単にナンパできる裏ナンパスポットを知りたいなら↓を読んでみましょう。

出会いが全くなく、女性にもてなかった不細工な童貞が30日でモデルの彼女を作れたナンパ成功法


テレクラ@テレクラの体験談 

彼女を作れたテレクラより簡単な方法